【営業女子が解説】アドレスホッパーって何?住民票などの手続きもご説明します。

悩める人
最近耳にするようになってきたけど実際アドレスホッパーって何なの?リモートワークできない営業職でも出来るの?

今日は、こういった疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容
・アドレスホッパーの解説
・普通の会社員が行う際の注意点
・住民票などの必要手続き

この記事を書いている私は、リモートワーク不可の人材紹介会社で営業をしながら
1年間アドレスホッパーな暮らしをしています。

アドレスホッパーを解説していく

アドレスホッパーとは?

固定の住居を持たずに暮らしていくライフスタイルのことを指します。
それが月単位の人がいれば、日単位の人もいるし、地域を大きく変える人や
リモートワーク不可の会社員だと会社に通える範囲で移動したり様々な選択が可能です。
悪く言えばホームレスじゃないのと言われることもあるのですが、
お金がなくて住めない …というネガティブな理由でこのライフスタイルを選んでいる人は
私はお見かけしたことがないです!

どこで宿泊するの?

ゲストハウスやシェアハウス、ホテルが中心です。
最近では、家のサブスクサービスも出来てきました!
私が気になっているのは「ADDress」という月に4万円で全国の提携しているお家に住めるサービスです。
今はコロナで大変な時期なので、落ち着いたら使ってみようと思います。

アドレスホッパーのメリット

私は、彼氏との同棲が終わったタイミングでマンションに固定で住むことを辞めたのですが、
横浜・世田谷区・吉祥寺と自分が関東で住んでみたかったエリアすべてに滞在することができました。
人生が変わるタイミングの大きな要素に「住む場所」「付き合う人」を変える
よく本やブログでも見るのですが、まさにその通りで、
普通に会社員として過ごしていたら出会えなかったようなyoutuber、カメラマン、絵描きさんなどの職業の方と一緒に暮らすことが出来ました。
この人たちと接する中で、自分の中で幸せの定義が持てたら仕事はお金の為じゃなくて好きなことを選択すればいいんだと価値観が広がったので、本当に良い生き方・暮らし方が出来たと満足しています!

アドレスホッパーのデメリット

「社会的信用がない」「両親に心配される」「人に受け入れられにくい」
などがあるかと思います。
まだまだ新しいライフスタイルのため、理解されにくいところがデメリットだと感じました。
実家に帰った時には質問攻めに合うのですが、
「自分がこう生きたいからそうしている」と強い信念を持って立ち向かえば問題ないです(笑)

アドレスホッパーは、住民票をどうするべき?

住民票などの手続きは、行った方が良い。

市役所の方曰く、めんどくさいからといって、転入・転出の手続きをしないと不正扱いにもなり
特に罰則はないのですが、信用を失う住民票の表記になるとのことでした。

通常市役所に訪れる方で多いのは、マンションの2年契約更新のタイミングが多く
3ヶ月単位の転入・転出は、実際とても怪しまれました…

「なぜこの短期間で引っ越したのですか?」
「トラブルがあったのですか?」
「シェアハウスのオーナーさんに頼んで契約書とあなたが住んでいると一筆書いて来て貰える?」

など中々の具合でした(笑)

モンロー
京都から出てきて、いろんな場所に住んでみたくて移動しています!

と説明しては、理解していただいていったという感じです。

住民票以外にも気をつけたいアドレスホッパーの注意点

私は3ヶ月単位で移動していたのですが、会社に都度住所変更、交通費申請を行っていました。
特に問題は起きなかったのですが、半年単位で定期券を申請している方も多いと思いますので、
総務部に問い合わせてからスタートする方が良いかと思われます!

アドレスホッパー向けの家貸し出しサービスは、まだまだリモートワーカー向けが多いので
契約前には、通勤範囲内の宿がどれくらいあるかも合わせて確認してください。

アドレスホッパーは、ストレスフリー。

手続きが発生はするのですが、
自分の好きなタイミングに、好きな場所に移動できるこの暮らし方が私は、とても気に入っています。
そしてここに長く住みたいと思える場所も出来ました。

これから独身のうちは、自由に移動していこうと思っています〜!
ぜひ悩まれている方は、試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です