【シェアハウスレポ】東京世田谷区に家賃3万円で住んでみたので、シェアします。

こんにちは、モンローです。
2019年11月まで世田谷区の千歳烏山でシェアハウスに住んでいました!

男女混合で赤の他人と住むってどんな感じ?と聞かれることがあったので、
実際に3ヶ月住んだ感想をレポートしたいと思います。

格安家賃3万円の個人シェアハウスに住んでいました!

どんなシェアハウスだったのか。

住民は、全員で5名
(システムエンジニア/営業マン/カメラマン/映像関係など)
男性2名、女性3名で年齢は19歳〜34歳までのメンバーが住んでいました!

家賃は、35000円。
※共益費・WiFi・光熱費込み

最寄駅は、京王線の千歳烏山駅で徒歩7分、新宿までは15分程度でつく高立地。
家賃相場の半額くらいで住むことができました。

どうやって探すのか。

シェアハウス運営会社が経営していない個人オーナーのシェアハウスは、
口コミや友達の紹介、ネットで探すことができます。

https://www.rmcafe.jp/roomshare/tokyo/setagaya/n30457.html
東京、家賃3万円~シェアドアパートメント

空きのタイミングを見つけるかが重要です!
公式LINEがあるシェアハウスもあるので、オーナーさんと連絡を取っておくことも技です。

少人数シェアハウスのメリットとデメリット

メリット①家賃が安い

とにかくこれが一番大きいです!
都内にワンルームで住もうと思うと家賃だけで7万円、WiFiや光熱費を合わせると
8〜9万円ほど固定費がかかるので、シェアハウスだと半額くらいに抑えられます!

私は月に1回は、旅行に行きたいので固定費は削減…!

メリット②さみしくない!

社会人になると、会社と家の往復になりがち。
家でも1人だと寂しい…ですが、シェアハウスではリビングに行けば
人がいて、Netflixやニンテンドースイッチなどのゲームで遊ぶことができます!

もちろん個人部屋にずっといる方もいますし、私も人に会いたくない気分の時は、自分の部屋で過ごしていました!シェアハウスの活用方法は様々です。

メリット③手軽に気軽に引越しできる

シェアハウスは、共有部分に冷蔵庫・テレビ・洗濯機などがあり、
ベットも備え済みのところが多いので
引越しは、普通自動車1往復で完了します!

初期費用もないところがほとんどで(発生しても相場は5万円ほど)
中目黒や吉祥寺など都内で住んでみたいエリアに3ヶ月ごとに住むなど
アドレスホッパーな暮らしを過ごすことができます。

シェアハウスによっては、契約期間に縛りがあるので最低期間を確認してお部屋探しすることをお勧めします。

デメリット①掃除が大変…

個人シェアハウスだと、掃除を外部に委託していないケースも多いと思います。
共有部のキッチン・リビング・トイレ・お風呂は、気づいた時に掃除を行います

5人が使用していると汚れるスピードも5倍…!
潔癖性の方は、住むのは至難の技かもしれません…

デメリット②セキュリティーが心配…

普通の家をシェアしているので、部屋・お風呂に鍵が付いていなかったです。
貴重品は、鍵付きのスーツケースに保管するなど
事前の対策を心がけることをお勧めします。

シェアハウスによっては、盗難も実際に起きているようなので
十分に注意して管理していきましょう。

デメリット③仲良くなれるかが心配…

私もこのシェアハウスは内見する時間がなくて行けなかったので
住むまでドキドキでした!

内見時に住民さんが多くいそうな時間帯をオーナーさんに聞いて
実際に住んでいる方に会う・事前に雰囲気を感じることはお勧めです。

シェアハウスに住んでいる人は、交流が好きな方も多いので
今まで住んでいるメンバーで嫌な思いはしたことがありません。

シェアハウス内をルームツアー!

玄関

こちらが玄関です!
オーナーさんの好みが出ますね…(笑)
靴は、共有の靴箱に収納できます。

廊下

2階建てのマンションです。
掃除は、みんなで協力して行います。

ランドリー

住民が写り込んでますね笑
乾燥機も付いているので、洗濯の時間が短縮されました…
1回400円で、使用できます!

生活リズムの異なる住民が多いところを選ぶと、タイミングは被らず
このシェアハウスでは、洗濯機待ちになることは、ありませんでした!

お風呂

こちらがお風呂です!
湯船があるの、本当に嬉しかったです!
お風呂は、共有で使用し汚れたら掃除を行います。

鍵がないので心配に思われるかともいるかと思いますが、
お風呂に入る時は、ドアにかかっているホワイトボードに名前を書いているので
バッタリ会ってしまった!というハプニングは起こりません(笑)

部屋

これが部屋です!
ベットをここに2個置いて部屋をシェアします。
私は、人が埋まっていないタイミングで入居していたので1人で使用できました。

アラームの音など生活音は気になるので耳栓・アイマスクがあると快適に過ごせます。

もうシェアハウスしか住めない。

自由に好きなタイミングで、移動できて、1人で住むのが怖い
私にとってシェアハウスで暮らしていくことはライフスタイルに合っていて、
今後も可能であればずっと住んでいきたいです!

悩まれている方も、シェアハウスは最低3ヶ月から住めるので
ぜひ試してみてください〜!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です