【旅好きにおすすめ】きついと言われがちな求人広告営業で働くメリット・身につくスキルを解説します。

こんにちは、モンローです。

現在転職活動をしているAさん
求人広告営業は、ノルマ・飛び込み・テレアポなど良いイメージがないけど実際どうなの?…

今日は、このような疑問を解決していこうと思います。

✔️本記事の内容

求人広告営業で身につくスキル

求人広告営業が旅好きにお勧めな理由

働くメリット

この記事を書いている私は、アルバイト求人広告営業で辞めたいと100回以上思いながら
2年半働き、当時は、スキルが身についていると思えず漠然と不安を抱いていましたが、
今振り返ると続けてきて本当に良かったと思えるスキルが身についたと思っているので
この記事でシェアしたいと思います。

求人広告営業で身につくスキル

プレゼンテーション力

アルバイト求人の営業は、大体1人50〜60社くらいを担当しており
1日に3件アポイントに行くこともあるので、プレゼンをする場面が多くなります。
さらに求人広告は、競合も多く、1回1回の商談がとても重要のためスキルが身についていきます。

内容としては、他社媒体との差別化/採用成功事例/求人広告案/価格を
お客様毎に考えて資料を作成します。

折衝力

私が扱っていた求人広告は、業界でもシェアが低いメディアのため常にマイナスからのスタートでした…!
値引き交渉をされることもしばしばありましたが、基本的にはお断りをしてご発注をいただいておりました。

お客様が懸念に思われているのは何か、なぜそのように思われたのかをヒアリングし、解決していくことの繰り返しで身についたスキルだと思っております。
例えば、

お客様の懸念…「掲載料金が高い」「4週間で15万円の掲載料金を12万円に値下げしてほしい」
なぜそう思われたのか?…過去他媒体では12万円で掲載していた!しかも採用ができずに終わった…
解決策…「お値下げはできませんが、採用成功をするために求人広告をこのように作成したいと思っています」

など採用成功が出来るをイメージを持っていただけるように求人広告案や振り返りフォローの日程、その際の変更案を用いて商談を行います。

ライティング力

求人広告営業がうまくいくすべてのコツは採用成功をひたすら続けることだと私は思います。
そのために必要なのは企業様の魅力を最大化させる求人広告作成であり、
営業担当は、月に20記事くらいを作成していくためライティング力が身につきます。

分析力

求人広告の掲載は、1週間〜4週間が多く、振り返りの機会も多いです。
人手不足が続く日本では掲載するだけでは採用が出来ず、たとえ求人広告を拘って作成しても
採用成功出来ないこともしばしば…
ここで企業様に掲載を振り返り次回のご提案を行っていきます。

分析の内容としては、求人の閲覧数/応募数/面接数を同業他社と比較していくことが中心です。
そこから課題を特定し、次回は修正後の求人広告をご提案していきます。
例えば閲覧数が低い場合は、求人タイトルや一覧画像の変更を行います。

求人広告営業が旅好きにお勧めな理由(メリット)

自分の裁量で働ける

基本的には、自分と営業先のお客様のみで完結するビジネスモデルのため長期休みの取得や時短勤務など自分で業務設計が行えます。そのため土日に有給を合わせて海外旅行に行っている営業も多くいます。

モンロー
1日ズラすだけでも航空券は、安くなるので助かります…!

しかし人材営業の中でも、人材紹介営業だと個人側を担当しているキャリアカウンセラー、日程調整を担当してくれているサポートさんなど自分だけでは働けず、関係者が多くなる営業スタイルだとお休みが取りずらかったりもします。

パソコンと電話があれば営業活動が行える

取り扱う商材によっては、セキュリティー観点から社内のインターネット下でしかお仕事が出来ないこともありますが、求人広告の営業だと個人名までの取り扱いがないためパソコンがあれば社外でも作業が行えます。

直行直帰も可能な会社も多いと思いますので、カフェで作業など場所にとらわれずに働くことができます。

求人広告営業は、捉え方次第で最高の職業になる

苦しい・ブラック・誰でも出来るなど悪いイメージを持たれることも多いですし、実際に楽ではないお仕事ですが、自由度が高く、パソコン1つで働けるようなフリーランスに必要なスキルが身につくお仕事だと思うので
人材業界への転職を考えている方や新卒1年目のキャリア積みにも、とてもお勧めしたいです!

現在求人広告営業で、社内ノルマ・業績メイクで悩まれている方は、ぜひもっと自己中になって
上記にご紹介したスキルを磨いていくようなイメージで取り組んでみてください!
そうすると業績にも返ってくると思います!応援しておりますー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です